平成30年度 苦情等解決報告会を開催しました。

2018年07月05日 組織活動

平成30年6月29日(金)、平成29年度の事業運営に対し寄せられた苦情等の報告会を開催いたしました。いただいた苦情・ご意見・ご要望につきましては真摯に受け止め、よりよいサービスが提供できるよう努めてまいります。

【博多障がい者フレンドホーム】

〇利用者より、職員の言葉使いと対応についての苦情をいただきました。

◇このたびは、職員の不適切な対応により不快な思いをさせてしまい、心からお詫び申し上げます。職員には注意・指導し、今後は全ての職員が利用者の想いに沿った誠意ある言動、丁寧な対応を心がけるよう努めます。

 

【点字図書館】

〇利用者より、年末年始など長期休館の前は図書の貸出数を増やして欲しいとのご要望がありました。

◇ご意見ありがとうございました。図書館だよりで利用者の皆様に周知したうえで、今後は年末年始や図書整理期間等の長期休館前は1タイトル多く貸出を行うことといたしました。また、事前にデイジー図書をSDカードに保存しておくこともできますので、操作方法についてわからないことがございましたら、お気軽にお電話やご来館の際などにお尋ねください。

 

【ぴあプランニングセンター】

〇ご契約者のご家族より、モニタリングのお知らせ文書の中に「現在のサービス提供状況や生活状況の把握のために自宅訪問をさせていただきます」とあるが、なぜ、「生活状況」まで話さないといけないのか。また、女性職員の訪問を希望しているが対応してもらえないのか、とのご意見を頂きました。

◇このたびは、文書内容に配慮が足らず、ご不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。「生活状況」と記載しておりましたが、ご本人様の周囲の環境(社会資源など)についてお尋ねしたいという意図でございました。ご指摘いただいた文章は、訂正しております。女性職員の訪問をご希望されている件ですが、前任者の女性職員が訪問いたしますのでご安心ください。